ATTENTION !!

2009FXDB Custom!!

2009FXDBのカスタム車両をベースに再カスタム!!
主な外観の変更は
外装フルペイント
FXDXTレプリカカウル
RSDシート
リアフェンダー(年式違いのノーマル)
ハンドルなどです。

ちなみにカスタムペイントはコチラ!!
ビークルデポのお隣!!
FFF(スリーエフ)
http://fffcustompaint.jimdo.com/

このカウルなら、高速道路もラクラクです。
長かったフォークはノーマル長に。トリプルツリーもノーマルです。
エンジンもパワーアップしてあるので
足回りの強化も今回は行いました。

ハンドルは高めに思えますが
乗ってみると意外にラクラク!
コーナーも全然曲がれます。
RSDのシートは座り心地がイイですね~。
デザインもオシャレです。

ツーリングを快適にする為のETCや、USBの充電ポートなどは
カウルの中にセット!
これで外観がごちゃごちゃせず、スッキリです。
最近スマホなどが便利なのですが
この辺が配線ブラブラなのは個人的には非常に気になります。

フロントフォークには
プログレッシブのカートリッジ式サスペンションを導入!
デコボコ道でもガタガタならず
コーナリングでもしっかりと踏ん張れます。
想像以上にイイです!!
チューニング後の車両や、カム交換などでエンジンがパワーアップすると
加速の立ち上がり時のフワフワ感が気になってしまいがちです。
サスペンションのセットアップで乗りやすさが断然違います!!

アンダースポイラー!!の中に
エンジンスタビライザーが!!!
写真では見えません、、。残念です。
ラバーマウントエンジンを、しっかり押さえてくれます。
特にコーナリングの突込み時にはハッキリと効果がわかります。
クイックに攻めれます。
立ち上がりもグラつきません。

コチラはリヤ側のスタビライザー
ラバーマウントのエンジンに、スイングアームがくっ付いているので
コーナリング時の遠心力などでエンジンとスイングアームが一緒に動いてしまいます。
その際に踏ん張りが利きにくかったり、フラついたり、、、
ダイナ、ツーリングモデルの方は気になるポイントだと思います。
当社で扱っているスタビライザーはかなり効果が体感できます!!
コーナーが曲がりやすい!!
チョーオススメの商品です!!!

慣らし運転も終わり、高回転までフルチューニング!
馬力は85馬力とそこそこに
トルクが何と15.8キロ!!
106インチ(1750cc)にボアアップ
低~中回転のS&S583カム
2in1マフラーも功を奏して
低速から4000回転あたりまで
トルクでグイグイ加速致します。